OSC (Open Sound Control)

5月 15, 2009

説明:

フェーダーの出力をOSC で飛ばします。

OSC とは

OSC はMIDI (Musical Instrument Digital Interface) の現代版のような規格です。IP ベース(UDP が主流)でメッセージを送信します。

Quartz Composer ではOSC Sender とOSC Reciever というパッチがあり、送受信ともに対応しています。

送信先IP アドレスはデフォルトではブロードキャストアドレス(0.0.0.0) が指定されており、ローカルネットワーク内であれば設定しなくても動作します。

OSC に対応したソフト、ハードがあれば、Quratz Composer と連携させることができます。

動画

前半:今回配布するコンポジットです

後半:Arduino + Ethernet Shield で、OSC を送信します

Arduino でOSC を扱うクラスファイルは、こちらのものを使わせて頂きました。付属するサンプルスケッチ「IO_test_arduino」をほぼそのまま(アドレス等を設定しただけ)使用しています。

アナログ入力ポートに接続したボリュームの値をADコンバータ で読み、変化があれば値をOSC で送信します。

Ethernet Shield を入手した当日にここまで出来るとは思いませんでした。Quartz Composer とArduino の連携という目標も達成です。

※iPhone でOSC を送信するアプリを複数試したのですが、上手くいきませんでした。設定が悪いのか、QC との相性なのか、、? 良いアプリが見つかれば改めて紹介します。

→コメントにあるように、iOSC で上手く行きました。こちらに記事があります。

option -クリックで ZIP をダウンロード

option -クリックで ZIP をダウンロード

広告

コメント / トラックバック2件 to “OSC (Open Sound Control)”

  1. recotana said

    はじめまして
    OSCライブラリの制作事例を初めて拝見して感激です!
    ありがとうございます。
    iPhoneからの通信ですが、iOSC(手前味噌ですいません。。)では一応動作しているのですが
    お試しになられたのはどのアプリでしたでしょうか?
    参考までに教えていただけたらとても助かります・

    • dasaq said

      コメントありがとうございます。
      ライブラリ作者様から、恐縮です。ドキュメントもサンプルプログラムも分かりやすかったです。

      そしてiOSC 動作出来ました。
      結局QCの取り扱いが悪かった様なので、他のアプリも再調査します。
      次のネタはiPhone でやると意味が無くなってしまうので、その次で紹介させて頂きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。