Plug-in を使う (Using Plug-ins)

5月 20, 2009

説明:

Plug-in を使うと、Quartz Composer に新たなパッチを追加することができます。今回は標準で付属するサンプルPlug-in(※Leopard 版)の使い方(ビルド&インストール)を説明します。

/Developer/Examples/Quartz Composer/Plugins/

この中には、多数のサンプルPlug-in(のソースコード)があります。

本来は自分のカスタムプラグインを作るための雛形ですが、そのまま使えるものもあります。私は「CommandLineTool」、「ImageWriter」、「iPatch」をお勧めします。

「CommandLineTool」を例に手順を説明します。

1. 「CommandLineTool Test.qtz」を開く

必要なPlug-in がないため、エラーが出ます。試しにやってみてください。

2.「CommandLineTool.xcodeproj」を開く

・Xcode が起動します

・CommandLineTool.plugin が赤字で表示されます(まだ作られていません)

before-complile

・「ビルド」ボタンを押します

・CommandLineTool.plugin が黒字で表示されます(作られました)

3. 所定の場所に移動する

・同じフォルダ内に作られる、「build/Debug」フォルダの中に「CommandLineTool.plugin」があります。

Xcode のファイル上で右クリックし、「Finder に表示」を選択するのも良いでしょう。

open-in-finder

移動する場所は

ホーム/ライブラリ/Graphics/Quartz Composer Plug-Ins/

または

/Library/Graphics/Quartz Composer Plug-Ins/

どちらでも結構です。該当するフォルダがなければ作ってください。

4. Quartz Composer を再起動

起動時にPlug-in を読み込むので、Quartz Composer を一度終了します。

5.「CommandLineTool Test.qtz」を開く

エラーが出なくなりました。

このPlug-In は所謂 UNIX コマンドを実行することができます。ターミナル.app で出来ることが、QC 上で出来てしまうので、取り扱いには十分注意してください。

サンプルの「CommandLineTool Test.qtz」は「ls -l /」(ルートディレクトリをリストする)コマンドです。

他のPlug-in も使い方は同様です。「FreeFrameHost」のみ、「Quartz Composer Plug-Ins」と同じ場所に「FreeFrame Plug-Ins」というフォルダを用意して、FreeFrame Plug-In を入れておく必要があります。(付属する「Solarize FreeFrame Plug-In.zip」を解凍してフォルダごと入れてください)このパッチは「FreeFrame Plug-In」をQC で使うためのPlug-In です。

お勧めの「Image Writer」はImage をPNG ファイルで保存するパッチです。

もう一つの「iPatch」はiString を作るパッチです。くだらないので是非試してみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。