UNIX Command – execute in Quartz Composer

5月 21, 2009

説明:

Quartz Composer でUNIX コマンドを実行する方法について、osascript コマンドでAppleScript を実行する例を用いて説明します。

・CommandLineTool Plug-in を使用します。

・プラグインの使い方はこちらを、AppleScript についてはこちらを参照してください。

Command Line Tool Patch の使い方:

“Path” に実行するコマンドのパスを入力します。

パスを調べるコマンドは

$ which osascript

osascript のパスは

/usr/bin/osascript

です。

AppleScript (osascript) の実行:

osascript でAppleScript を実行するには3つの方法があります。

1. Argument として、スクリプトファイルのパスを渡す

2. Argument として、-e オプションでスクリプトを1行ずつ渡す

as-multiargs

3. “Standard In” にスクリプトを入力する

as-stdinput

複数行のスクリプトを”Standard In” に送るには、String Printer Patch を使うと便利です。

as-stringprinter

Settings パネルの中で改行するには「option + return」を押します。

他のエディタからコピー&ペーストすることもできます。

注意点:

Command Line Tool Patch は、出力が接続されていないと実行されません。今回はAppleScript から何も表示が無いので、Output Status を表示するのが良いと思います。

以上で、QC からUNIX コマンドを実行、osascript を経由したAppleScript の実行を習得しました。

これにOSC パッチを組合わせて、iTunes Controller が完成します。原因が分からないのですが、Command Line Tool の表示が化ける事があるので、2つに分けています。メインのiTunes コントローラ(OSC-Reciever-for-iTunes.qt) と、OSC sender (OSC-Sender-for-iTunes.qtz) になります。

sender はArduino でもiPhone でも何でも構いません。

別のMac でOSC-Sender-for-iTunes.qtz を開いてコントロールすることも可能です。

AppleScript を変更すれば、DVD プレーヤーやSafari など、他のアプリのコントローラーを作ることができます。

option -クリックで ZIP をダウンロード

option -クリックで ZIP をダウンロード

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。